リフレクティックス遮熱工法

住宅・事務所・店舗・工場・畜産など様々な建物に対応

太陽から降り注ぐ熱線は電磁波です。紫外線、可視光線、赤外線が間断なく地球に降り注ぎ、その太陽エネルギーを受けた私たちに、暑さ寒さを感じさせる「輻射熱」を持たせます。
従来の断熱材は、対流や伝導熱には有効ですが、「輻射熱」にはほとんど対応していません。そのため、夏は冷房によって冷えた室内に熱が移動するため暑くなり、冬もせっかく暖房で暖まっても寒い室外に熱が逃げてしまっています。
その防衛は唯一、リフレクティックスが持つ「電磁波の反射性能」で解決することができます。
リフレクティックスは 、太陽熱の浸入を防ぎ、内部の熱は外に逃がさないので、 夏は涼しく、冬は暖かい快適な住生活が実現可能です。


リフレクティックス

夏は熱線(電磁波)起因の輻射熱移動を遮り、室内から発生する冷エネルギーを外部に逃さず室内に戻し、冬には外部の冷気を反射し、室内から発生する暖気を外部に逃しません。
リフレクティックス仕様住宅は「夏涼しく冬暖かい住宅」、そして省エネ空間です。

リフレクティックスで快適な作業環境を実現!

リフレクティックスを使用することにより室内の遮熱・保温効果が高まり、空調コストが大幅に削減できます。作業環境の改善に大きく貢献し、エネルギーコストを削減しながらCO2の削減も可能です。

場所 愛知県春日井市
本施工面積社所在地 屋根 約5,000m² 壁2,000m²
床面積代表者 約4,000m²
事業内容・
施主様の目的
●工場内の温熱環境の整備による作業効率の向上
●熱中症対策
●空調設備増設検討からコスト削減
ご提案内容 ●エネルギー削減率63%
工場必要冷房負荷 1,815kw
施工後の冷房負荷 672kw
●工場を稼働させたまま施工が可能
効果・実績 ●エネルギー削減率89%達成
工場必要冷房負荷1,815kwに対して 既存冷房設備200kwのみで対応可能になりました。
※以前は、冷房が全く効かず温度が45℃まで達していた。

リフレクティックス施工例


TOPへ戻る