金属屋根・金属外壁

金属屋根「ダンネツトップ8−1」

新素材の高機能鋼板の採用により優れた耐久力・遮熱性能を実現した、金属製屋根材です。
長期耐久力と金属素材の特長である軽量性を生かしたリフォーム工法により、短い工事期間で長い間安心できる快適な暮らしをお届けします。


相乗効果の期待できるカバー工法

軽量で地震に強い「ダンネツトップ8−1」は、カラーベストなどの窯業系屋根の上に、そのまま重ね葺きが可能です。既存の屋根材を撤去、処分する必要がなく、工期の短縮も図れるため、経済的にもメリットがあります。
既存の屋根材は遮音材、断熱材として働き、「ダンネツトップ8−1」との二重構造により、機能性も大幅に向上します。
日本瓦の重量である80kg/㎡と比較しても、約1/3以下と軽量で、耐久性にも優れています。頑丈な止め付けによる地震に強い屋根工法であり、長期的にみても葺き替えた方が安全で、お得です。

金属屋根による耐震改修のおすすめ

地震の揺れは、地震の規模である「震源特性」、震源からの距離である「伝播特性」、表層地盤のかたさ、やわらかさである「地盤特性」の、主に3つの特性によって決まります。
現在では、地震の発生エリアはある程度予測可能でも、「どのように揺れるか」までを予測することは困難です。

地震の揺れのタイプ

長周期タイプの揺れ

揺れの周期が長く、大きく揺れるため、耐震性の低い建物は倒壊の危険性が大。
※対策として建屋にかかる重さを軽減する。

短周期タイプの揺れ

小刻みに短い周期で揺れるため、屋根材落下の危険性が大きい。
※対策として屋根材に水平方向に働く力を小さくする。

この2つのタイプの「揺れ」に備える対策としても、軽くて地震に強い「金属屋根」は非常に有効な対策手段です。
※地震波や建物の条件等により、十分な効果が得られない場合があります。

金属外壁「はる・一番」

全商品に耐候性に優れる、「フッ素焼付塗装」を採用

長い年月太陽にさらされることにより、外壁の塗膜は変色や色落ちを起こしてしまいます。
「はる・一番」 鋼板製仕様はフッ素焼付塗装で、色落ちが断然少なく、長期にわたり外観を美しく保ちます。


長期性能保証制度

当社の「金属屋根・金属外壁工事」施工には長期性能保証制度に基づく保証書を発行させて頂きます。


TOPへ戻る