火災保険で雨漏りが直せます!

お金がかかるとあきらめないで!

ご加入の火災保険で0円で屋根修理できるかもしれません!!

火災保険のイメージ

あまり知られていませんが、多くの火災保険には「風災補償」というものが付随しています。台風の強風や積雪の重みなどによって屋根が破損したときには、火災保険が適用できる場合があるのです。
火災保険は保険の適用を受けても保険料が上がることはありません。屋根が気になるけど修理費が心配……という方は、ぜひ一度ご相談ください。保険適用で修理できるかどうかプロが無料診断させていただきます。

※ただし、当社の診断だけで保険が適用されるわけではありません。保険を適用できるかどうかの判断は日本損害保険協会の鑑定人(第三者機関)が現地調査し判定します。この鑑定人の報告書に基づき、保険会社が契約内容などと照らし合わせて保険金額を決定するわけです。
このため当社が保険適用できそうだと診断しても、最終的には申請が通らない場合もありますが、素人だけの主張で明確な根拠もなく申請したのでは通るものも通りませんので、ぜひ無料診断を受けることをお奨めします。(調査結果を元に、申請に関するアドバイスなどもさせていただきます)

※もしも申請が通らず保険が適用できなかった場合は、工事は行いません。診断料金なども一切いただきませんので、ご安心ください。(工事のご契約も保険適用が確定してからとなります)

お問い合わせはこちら


火災保険で対応できる可能性があるケース

水害のイメージ

台風、突風・強風、竜巻、落雷、雹(ひょう)、水害、盗難
これらによって被害を受けた場合は、火災保険で対応できる可能性が高いと思われます。


火災保険では対応できないケース

雨漏りのイメージ

風災補償がない保険の場合

今どきの火災保険のほとんどには風災補償が付いているはずですが、稀に風災補償がない保険もあります。まず、ご加入の保険契約書をご確認ください。

経年劣化(単なる老朽化)による場合

歳月によって自然と劣化したものは、火災保険の適用範囲外です。ただし経年劣化に見えても、実際には風雨によって悪化しているケースが多いのです。また、経年劣化なのか風災なのかの判断も、最終的には日本損害保険協会の鑑定人が行うことですので、まずは当社で無料診断で、保険適用が可能かどうか調べてみることをお奨めします。

被害を受けてから3年以上経過している場合

火災保険で対応できたものでも、被害を受けてから3年以上が過ぎてしまうと適用されなくなります。

自然災害以外の原因と思われる場合

太陽光パネルの設置、増改築、塗装、修理などを行ったら雨漏りするようになった…
…といった場合は自然災害ではなく、そのときの担当業者の問題ですので、これらは火災保険が適用されません。新築の最初から雨漏りしているといったケースも同様です。

修理費用が20万円未満の場合

修理費用20万円未満だと、火災保険は下りません。ただし21万円以上であれば、差額のみではなく満額補償対象となります。また2階建の場合は足場を組むなど、それなりの費用がかかるケースも多いため、20万円を超える例は少なくないと思われます。

被災部分以外の修理が必要な場合

調べてみたら他にも問題があったとしても、火災保険の適用範囲は、あくまでも災害による被害に限られます。このため常に全額補償とはならないケースもあり得ます。
(被害規模を過剰に申請するなど、詐欺まがいの行為を行う業者もいますので、ご注意ください。偽りの保険申請などをすると、いざというときにお客様ご自身が困ることになりますので、当社ではそのような行為は一切行いません)


TOPへ戻る